奥平(おくだいら)産婦人科は宮古島市では数少ない産婦人科です。ママの笑顔とご家族の笑顔を大切に日々診療にあたっております。

奥平産婦人科

診療内容

産科

バースプランについて

当院では「バースプラン」の作成を推奨しています。「バースプラン」とは出産、入院の間の期間を、どのように過ごしたいかという計画のことです。お母さんが自分でお産の計画を立てることで、より満足を得られるお産をすることができると言われています。しかし安全面に問題がある場合や、医学的に認められない(ガイドラインなどで勧められていない)場合はお断りすることもあります。また、医師と患者様の間で十分に話し合いをする時間がない場合もお断りする場合があります。詳しくは医師・スタッフにご相談下さい。

4D超音波について

当院では4D超音波を実施しています。また、「エンジェルメモリー」という仕組みを使い、超音波の動画(約1分ほど)を保存できます。その動画はご自宅のパソコンやスマートフォンで見ることができます。4D超音波で赤ちゃんのお顔を綺麗にみるためには、赤ちゃんの顔の前に羊水があることや、赤ちゃんの顔に子宮の壁や赤ちゃんの手足が接していないことなどが条件となります。その条件を満たしていない場合、上手に超音波が撮れないこともあります。

立会い出産について

可能です。ただし同時分娩となった場合は、お断りさせていただく場合もあります。

帝王切開となってしまった場合

特にリスクのない妊婦さんは正常分娩となるのが一般的です。しかし、中には何らかの理由で帝王切開となるお母さんもいます。当院は通常分娩を取り扱う施設であり、帝王切開となった場合は地域の基幹病院(沖縄県立宮古病院)へ搬送となります。搬送には原則医師や看護師が付き添います。詳しくは医師にご相談ください。

流産手術・中絶処置について

不幸にして流産してしまった女性、望まない妊娠をしてしまった女性に対して流産手術を行っております。金属などの器具を使い子宮内容を除去する方法と、プラスチックでできた器械(MVA:手動吸引機)で内容を吸引する方法があります。ただし、赤ちゃんが大きくなりすぎているケースや、母体のリスクがある場合は当院で処置できないこともあります。詳しくは担当医にご確認ください。

妊娠中に行う糖負荷テストについて

当院では「妊娠糖尿病」を検査するために、妊娠中期で2種類の血糖負荷テストを行っています。50gGCT(グルコース・チャレンジ・テスト)と、75gOGTT(経口ブドウ糖負荷試験)です。どの血糖負荷テストを行うかは、お母さん「妊娠糖尿病」のリスクがあるかどうかによって決定します。詳しくは医師にご相談ください。

新生児聴覚スクリーニング検査について

生まれてくる赤ちゃんの中には、500 〜1000 人に一人の確率で生まれつき耳の聞こえがわるい赤ちゃんがいます。聞こえにくいことが早くわかれば、言葉を覚える大事な時期に医療や教育など赤ちゃんに必要なさまざまなサポートをしてあげることができます。そのため当院では、生後4-5日目で自動聴性脳幹反応(自動 ABR)という検査を行っています。費用は自費で5000円ほどかかります。

婦人科

ピル・避妊リング・子宮内避妊システムについて

当院では経口避妊薬(ピル)・子宮内避妊具・子宮内避妊システム(レボノルゲストレル放出子宮内避妊システム:ミレーナ)の取り扱いを行っています。自分にあった避妊法を選択し、バースコントロールを行いましょう。

緊急避妊(モーニングアフターピル)について

避妊に失敗してしまった時のための緊急避妊(モーニングアフターピル)の取り扱いを行っています。避妊効果は100%ではありませんが、妊娠する確率を下げることができます。

更年期治療について

ほてり、イライラなどの更年期症状(エストロゲン欠乏症状)に対し、治療を行うことが可能です。日常生活が困難な場合は経皮エストロゲンジェルによるホルモン補充療法を選択する場合があります。

婦人科の手術が必要な疾患について

当院では婦人科手術はおこなっておりません。

▲PageTop