奥平(おくだいら)産婦人科は宮古島市では数少ない産婦人科です。ママの笑顔とご家族の笑顔を大切に日々診療にあたっております。

奥平産婦人科

クリニック概要

奥平産婦人科医院について

奥平産婦人科は1941年、初代院長奥平恵寛によって宮古島市平良下里555(現宮古島市公設市場前)に「奥平医院」として開業しました。1984年には現副院長の奥平忠夫により丘の上に移転し「奥平産婦人科」と名前を変え、2017年7月に現在の場所に新築移転しました。
初代から現院長までの間に約2万5千件以上の赤ちゃんを取り上げてきました。

旧奥平医院にて

旧奥平医院にて

初代院長 奥平恵寛先生

初代院長 奥平恵寛先生

院長

院長写真
奥平忠寛 [Tadahiro Okudaira]

【略歴】
2001年 川崎医科大学医学部医学科入学卒業
2001年 東京女子医科大学産婦人科学教室 研修医
2004年 公立昭和病院 産婦人科
2005年 東京女子医科大学東医療センター 産婦人科
2006年 沖縄県立中部病院産婦人科 指導医
2012年 沖縄県立宮古病院 産婦人科医院医長
2016年 奥平産婦人科 副院長
2017年 奥平産婦人科医院開業 院長
2020年 宮古地区医師会医師会 情報部


【所属学会】
日本産婦人科学会
日本周産期・新生児学会
日本美容皮膚科学会
日本女性医学学会
日本性科学会


【取得資格】
日本周産期(母体・胎児)専門医
日本周産期・新生児学会専門医制度暫定指導医
日本産婦人科学会専門医
母体保護法指定医
臨床研修指導医
ALSOプロパイダ
NCPRインストラクター
J-CEMELS


副院長

佐竹紳一郎先生 [Shinichiro Satake]

非常勤医師

奥平忠夫 [Tadao Okudaira]

日本産婦人科学会専門医
母体保護法指定医

非常勤医師

占部智 [Urabe satoshi]


【職務経歴】
平成13年03月 川崎医科大学 卒業
平成13年04月 広島大学 産婦人科研修医
平成14年04月 県立広島病院 産婦人科研修医
平成15年03月 国立病院機構呉医療センター中国がんセンター 産婦人科医師
平成17年01月 広島大学 産婦人科医師
平成17年10月 広島大学大学院 入学(平成21年11月 卒業)
平成21年04月 県立広島病院 産婦人科医師
平成25年04月 広島赤十字・原爆病院 産婦人科医師
平成26年01月 広島大学 産婦人科医師 助教 産科医局長
平成30年04月 広島県産婦人科医会 常務理事
令和02年01月 国立病院機構 東広島医療センター 産婦人科医師


【取得資格】
日本産婦人科学会 産婦人科専門医
日本周産期・新生児医学会 周産期専門医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
母体保護法指定医
産業医
医学博士
J-CIMELS(日本母体救命システム普及協議会)
 ・J-CIMELS 広島県産科コースディレクター
 ・J-CIMELS ベーシックコース・インストラクター資格
 ・J-CIMELS アドバンスコース・インストラクター資格
 ・J-CIMELS 硬膜外鎮痛急変対応コース・インストラクター資格

スタッフ募集のお知らせ

奥平産婦人科医院では島内外からスタッフを募集しております。私たちと一緒に南国宮古島で働いてみませんか?

詳細はこちらから

▲PageTop