奥平(おくだいら)産婦人科医院は宮古島市では数少ない産婦人科です。ママの笑顔とご家族の笑顔を大切に日々診療にあたっております。

奥平産婦人科医院

ニュース一覧

HPリニューアルしました!

外来変更のお知らせ

2022年9月より月曜日の外来は終日副院長となります。

助産師・看護師・准看護師募集

奥平産婦人科医院では今働ける助産師・看護師を募集しています。

当院の体制について

6月より当院に「佐竹紳一郎先生」が就職されました。
「佐竹紳一郎先生」を副院長とし、「奥平忠夫先生」は非常勤医師となります。

5月の脱毛予約受付再開について

本日より、5月の脱毛予約受付再開いたします。
予約受付は、月、火、水、金曜日の14時~16時30分の間でお願い致します。

分娩料金値上げのお知らせ

奥平産婦人科医院よりお知らせです。

当院では2022年4月1日より1万2千円の分娩料金の値上げを行います。

当院は開業当初から患者様の負担を減らすため、分娩あたり42〜44万の範囲で分娩料金を調整してきました。
これは出産一時金を差し引くと妊婦様から1〜2万をいただく計算となっていました。
しかし少子化や材料費の高騰、そして働き方改革に向けた職員の待遇改善のため、分娩料金の値上げをすることを決定しました。

コロナ禍での値上げは患者様に大変な負担となりますが、当院の存続のためご容赦いただけると幸いです。

奥平産婦人科医院院長 奥平忠寛

診療のご案内

1/19(水)より当面の間、水曜日の午後はワクチン接種に専念します。
そのため午後が休診となることがあります。
受診予定の方はお手数ですが、お電話にてご確認下さい。
10日目検診、1ヶ月検診予定通り行います。

新年の挨拶

新年明けましておめでとうございます。

2022年の正月休みは、穏やかな天気と、新型コロナウイルスのニュースではじまりました。
2020年に現れた新型コロナウイルスは、様々な角度から世界を一変させ、この小さな宮古島の小さな産婦人科医院にも大きな影響を与えています。
人は繋がりが必要な生き物で、妊娠や出産に関わる出来事はその全てが「人との繋がり」でできているからです。
2021年後半にはワクチンの普及で一旦収束したかに見えましたが、今度はワクチンの効果が低い「オミクロン株」が沖縄県で広がり影響を強めています。
しかし歴史的に見ると、どんな感染症でも2年ほどで落ち着いていくことがわかっています。
そのため苦しい新型コロナウイルスとの戦いも、もう少しで収束を迎えるのではないかと私は考えています。

ここで私から皆様にお願いがあります。
まず一つは面会と立ち会い分娩の制限についてです。
先日宮古島で15名の新型コロナウイルス感染者が見つかり、宮古島市長が記者会見を開きました。
オミクロン株は比較的弱毒と言われていますが、妊婦さんや新生児に対する影響はまだわかっておらず、現在のところデルタ株と同様の対応が必要です。
そのため現在の感染が落ち着くまでの間、面会と立ち会い分娩を制限します。

次に分娩料金についてです。
当院は開業当初から患者様の負担を減らすため、分娩あたり42〜44万の範囲で分娩料金を調整してきました。
これは出産一時金を差し引くと1~2万をいただく計算となっていました。
しかし少子化や材料費の高騰、そして働き方改革に向けた職員の待遇改善のため、当院としては今後1~2年で1〜2万円の分娩料金の値上げが必要と判断をしていました。
ここで2022年1月より産科医療保証制度にかかる金額が6000円減額となります。
これは本来であれば妊婦さんの元に戻ってくるはずのお金ですが、当院では1月よりこの金額分分娩料金を値上げします。
値上げにはなりますが産科医療補償制度減額分で相殺されるため、患者様はこれまでと変わらないように退院していただくことになります。
コロナ禍での値上げは患者様に大変な負担となりますが、当院の存続のためご容赦いただけると幸いです。

奥平産婦人科医院 院長
奥平忠寛

副院長外来診察再開

月、水、土曜(AM)の診察

エステ脱毛10月の予約受付開始

9/27月曜日よりお電話にて予約受付開始(電話受付時間は従来通り)

7/22(木)・7/23(金)の外来について

7月22日(木)及び7月23日(金)は祝日のため、外来診療は休診となります。

エステの予約に関して

エステの受付を再開いたしました。 月・火・水・金のPM2:00~4:30までの受付となります。 日程は電話にてご案内いたします。

5/8~5/12の夜間帯の対応について。

5/8~5/12の間の夜間帯の対応は応援医師「占部智先生」が対応します。 占部先生の略歴・資格などはこちらを御覧ください。

副院長の休職について

副院長が休職となります。そのため5月からの外来を変更します。新しい診療時間はこちらをご覧ください。

外来時間の一部変更について

大変遅くなりましたが、1月の宮古島の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月の間副院長がおやすみをしていました。
そのため外来の時間に一部変更がありました。連絡が遅くなり大変申し訳ありません。

[診療所ネットワークページ移設のお知らせ]
宮古島診療所ネットワークは宮古地区医師会のホームページに移動しました。今後新型コロナウイルスの情報はこちらからご確認下さい。

毎週金曜日の外来について

しばらくの間、毎週金曜日の16:00~16:30まで院長が会議出席の為、外来をストップします。 なるべく15:30までに来院ください。

エステの予約に関して

緊急事態宣言発令中のため、現在エステは中止とさせて頂いております。 再開次第、お知らせいたします。

診療制限解除のお知らせ

本日11:30ごろ保健所から
「院内の状況から、院内での濃厚接触はなかったと判断した」
と連絡がありました。
今日の午後から通常通り外来を行います。

基本的なことではありますが、マスクをする、熱を測る、席を空ける、頻回に消毒するなどの行為が、スタッフや患者様を守るためにとても大事なことであることを再確認しました。

もう新型コロナウイルス感染症はとても身近な感染症です。
差別や身元の特定などはしないよう、改めてお願いいたします。

奥平産婦人科医院 院長 奥平忠寛

外来受診制限のお知らせ

先日新型コロナウイルス感染症と診断された女性が、以前当院外来を受診されていたことがわかりました。
病棟の方は問題なく機能していますが、外来に関しては行政からの連絡があるまで一時的に制限しています。

新型コロナウイルスは誰でも感染する可能性がある病気です。
差別や身元の特定などはしないようお願いします。

2020年 12月4日  奥平産婦人科医院 院長 奥平忠寛

当院の新型コロナウイルス対策基準を見直しました

①立ち会い・面会・外来付き添い基準の変更について。
②外来でのバスタオル廃止のお知らせ。ベルのお知らせ。

新型コロナウイルス感染症の流行を受けて

宮古島で新型コロナウイル感染が広がっています。10月18日現在の状況では一週間あたり15名の新規患者を認めています。人口10万人あたりの新規患者30名というのは沖縄県11名/10万人/週、東京9名/10万人/週を大きく上回る数字です。島でのさらなる感染拡大を防止するため、奥平産婦人科医院では当院で作成した基準にしたがい、以下に示す感染対策をしていきたいと思います。
外来について
午前中は妊婦健診と婦人科緊急症例を中心とする。婦人科一般は午後、もしくはオンライン診療とする。ご家族の付き添いも可能な限り制限(ただし同意書の際は来院可能)。

分娩立ち合いについて
同居家族1名のみ。上の子供は原則制限(どうしても預けられない場合のみ対応)。2週間以内に島外に渡航歴のある方は制限

入院の面会について
同居家族1名による短時間(15分程度)のみ可能。

母親学級
中止 zoomで開催

2020年10月18日 奥平産婦人科医院 院長 奥平忠寛

学生実習について

当院では7月15日-8月14日の間、福岡県の聖マリア学院大学の助産学生の実習を受ける入れることになりました。次世代の助産師の育成のため、皆様の協力をお願いします。

レーザー脱毛の予約受付開始とファームアップ再開のお知らせ

7月より医療用レーザー脱毛の予約受付を開始します。
またファームアップの予約も再開いたします。
■脱毛(VIO以外):木曜午後、土曜日午前
■VIO脱毛:第1、第3の土曜午後
■ファームアップ:火・水・木曜午前
脱毛・ファームアップに来られる方は必ずマスク着用で来院してください。来院時には体温チェックを行います。